<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.06.22 Thursday  | - | - | 

旅立ちの日

[ - ]
歌の題名という訳ではありませんが、今日でこの地『インド』を去ることになりました。

この10日間、アップしたい内容はたくさんあったのに、時間が全く取れず、帰国の日となりました。

今も気を許すと、ダンボールの上に伏して寝そうな感じです・・・

『帰るんだ…』と思いながら街の景色やその時々を感じていたかったのに、押し出されるようにこの地を後にします。

きっと、まもなく搭乗する飛行機の中に入り、座って…「あ〜、帰るのね、私・・・」という感慨にふけるんでしょうね。
全く、帰国する感じがしません(笑)

今日のお天気は、晴れ。 しかし、先ほどまでぱらぱらと雨が降っていました。この頃そんな変なお天気。
空気は相変わらず悪くて、のどもイガイガします。
犬の散歩の時も、セキュリティのおじさんが、ものすごく辛そうな咳をしていました。
インド人も咳き込むのね・・・って当たり前?
だって、みんな しれ〜〜っと歩いているんですもの。

結局、晴れのバラナシには行けず・・・それが、心残りと言えばそうですね。

それでも、もう悔いはまったくありませんね。
日本人の私にとって5年という月日は、住むのに充分な年月でした。

この頃、すこ〜し、インド人の ”良さ” も感じられたりもしましたが、最後の恒例の約束破りは、(彼は約束を破ったという意識は無く、頑張ったけど出来なかったという感覚なのでしょうが)やはり、インドだ・・・!と思わされました。

そう・・・全く文化の違う摩訶不思議な国インド。
ここに住んだからわかる文化の違いを肌で感じ、珍しいものを頂き、腹が立ったり、笑ったりした5年。
こんな経験をすることが出来て、楽しかったです。

大病を患わず、事故に遭わず、まずまず元気で過ごせて感謝です。

お世話になった、ドライバー そして メイドちゃん。 これからもオットをよろしくね〜

怒涛の10日間のお話は、また追々記せれば、と思っています。
まずはひとまず、こうして私のインド生活は、幕を閉じようとしています。
この5年、細々と日記のように書き綴りましたが、訪れて下さった方、そして励ましのお言葉を下さった方々、本当にありがとうございました<(_ _)>
 
2014.03.11 Tuesday 18:44 | comments(3) | trackbacks(0) | 
<< 最後のコール・マユール | main | 日本の春を迎えて…犬の輸入 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.06.22 Thursday 18:44 | - | - | 
てこな (2014/03/11 10:57 PM)
お帰りなさい〜

インド生活、充実したブログで、私も楽しませていただきました。
ありがとう。

だんな様は、ちょっとおさびしいわね。

浦島太郎の日本生活、これも楽しみにしています。
元2−14 (2014/03/17 1:15 PM)
お疲れさまでございました。「約束を破ったのではなく頑張ったけどできなかった」・・・私最近腹の立つこと多かったです。そうですよね、みんな一生懸命なんですよね。反省してます・・・。  くうままさん、落ち着いたら連絡下さいね。是非ランチに行きましょう!!
くうママ (2014/03/30 10:02 PM)
てこなさん

お久しぶりです。拙い内容にコメントをくださり光栄でした。

オットとの最後の日は、改めての言葉かけは無く、気が付いたら私と息子の傍を離れていた…という感じです。
それなりに単身生活を愉しんでいるようです。

元2-14さん

はい! 是非、ランチに行きましょう〜♪
楽しみにしています(*^_^*)